onagawa fishがやってきた

そらにわで開催する「たべる―木の道具たち」展には、8人の木工作家の皆さんにご参加いただくことになっています。

それに加えて、「そらにわ」でできる被災地復興支援としてonagawa fishという木製のキーホルダーを販売することにしています。

あの3.11の大震災・津波で東北沿岸部は壊滅的な被害を受けて、宮城県の女川町でも、コンクリートの建物が根こそぎひっくり返り、海辺の町はすっかりなくなってしまいました。その映像をごらんになった方もたくさんいらっしゃると思います。

町は地盤沈下し、潮が満ちてくると道路も建物も水に浸かってしまいます。その町の一角で、大潮で工房の床が水没すると仕事を中断するような状況の中で、復興支援のためのお魚のキーホルダーが作られているのです。

本物の魚が獲れるようになるまで、木の魚を作ってがんばろうという「小さな復興プロジェクト」の商品です。

このキーホルダーの売り上げが女川町の復興支援金になります。

b0245289_9272213.jpg


今回「そらにわ」にやってきたのは、色黒のブラックウォールナッツ、小麦色のオーク、色白美人のメープルの3種類。
目の部分に輪っかがついていて、皮の持ち手がついています。

b0245289_932269.jpg


流線型のお魚の形といい、皮のホルダーといい、デザイン的にも素敵なキーホルダーです。

「そらにわ」らしい支援として、企画展開最中このキーホルダーの販売をします。ぜひ、愛らしいonagawa fishを手にとって、被災地へ思いを馳せていただけたらと思います。

(ただし、数に限りがありますので、もしなくなったという場合はごめんなさい。)
[PR]

by mikanhouse | 2011-12-14 09:38 | ギャラリー  

<< 狐崎ゆうこさんのスプーンとフォーク 夜の森は美しい >>