人気ブログランキング |

道具政子さんの磁器

道具さんの磁器を見たときに、「殿様の茶碗」という言葉を思い出しました。

薄い焼き物を作るのがとても難しいので、権力のある殿様だけがそういう卓越した技術で作られた薄いお茶碗を使っていたというたとえです。

道具さんの白い磁器は、限りなく薄くて、光を透かしてしまうほど。

ランプシェードとしてもぴったりの優しくもはかない素材感が魅力的です。

薄くて繊細に見えますが、磁器という素材は実はけっこう割れにくいのが特徴で、そこのところが頼もしくもあります。

b0245289_2229366.jpg


b0245289_22292020.jpg


磁器の美しさを存分に引き出した作品の数々には、花や植物をモチーフにした図柄が生き生きと表現されていて、同じ白という色彩ですが、まるで春の花園に迷い込んだような気分になってきます。

b0245289_22331611.jpg


図柄の草花の萌えあがるような生命の姿は、春にぴったりのすがすがしい躍動感があります。

まだまだ寒い日々が続いていますが、一足先に、こういう美しくて繊細な春を手にとって、ほんとうの春の訪れを待ちたいなと思ってしまいました。



      ◆-------------------------------------------------------------◆
         木金土日 11am~5:30pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆

by mikanhouse | 2012-03-02 22:39 | ギャラリー  

<< 松岡洋二さんのガラスの器 春を運ぶうつわ展*作家在廊予定 >>