人気ブログランキング |

日本の線香花火

「夏の音」展には風鈴や風鈴もビールのほかに、夏の音ということで花火も集めています。

花火の中でも、日本らしい繊細な美しさを誇るのが線香花火。

外国製の安い花火ばかりがスーパーや量販店に並んでいますが、国産の線香花火は、一味も二味も美しさが違います。

外国の安い玩具花火に追われて、日本の花火製造所が少なくなってしまい、今や国産の線香花火は絶滅危惧種。今では日本に三社しか線香花火を作っているところはありません。線香花火は、幻の花火となりつつあります。

そんな国産の線香花火をそらにわに並べました。

製造しているのは九州の筒井時正玩具花火製造所。

ここでは日本で唯一、二種類の線香花火(長手牡丹・スボ手牡丹)の製造を行っています。


b0245289_9222822.jpg



西の線香花火 スボ手牡丹

300年変わらない線香花火の原形です。
線香花火はワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われています。米作りが盛んな関西地方には、ワラが豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。
現在、国内でこの花火を製造しているのはこの製造所のみとなっています。


東の線香花火 長手牡丹

昔なつかしい線香花火です。
関西から伝わる際、関東地方では米作りが少なく紙すきが盛んだったため、ワラの代用品として紙で火薬を包んで作られました。そのため、この長手牡丹は関東地方を中心に親しまれ、その後、スタンダードな線香花火として全国に広がっていきました。
スボ手牡丹に比べて燃焼時間が長いのが特徴です。


線香花火の一生には、人生になぞらえた四つの場面があるそうです。

点火とともに命を宿し、火の玉が大きく育つ「蕾」、パチッパチッと力強い火花が散る「牡丹」は人の青春時代、やがて勢いを増し華やかに火花が連鎖する「松葉」の時期は、結婚や出産を思わせ、静かな光の雫を落とす「散り菊」を見せ、終わります。

線香花火は非常に繊細で、職人の縒り方、火薬の量、気象条件で一つ一つ違う表情を見せます。

この製造所では職人の育成にも力を入れ、バラつきのない美しい線香花火づくりを心がけています。

パッケージも端正で美しい日本の線香花火は、夏の小さな手土産としてもぴったりです。


b0245289_9273546.jpg



他の噴出し花火に比べると火花が小さいので、お庭がなくても気軽にベランダで楽しむことができるのもうれしいですね。

小さなお子さんの、初めての花火としてもぴったりのやさしい花火です。

ぜひ、ご家族で、またお友だちや懐かしい親戚の皆さんの集まる機会に、みなさんで日本の線香花火を楽しんでみませんか。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆

by mikanhouse | 2012-07-17 09:31 | ギャラリー  

<< しずく風鈴 中村風鈴店さんのこと >>