透き通ったガラスの風鈴

今回ご参加いただいているglass atelier えむにさんからは、耐熱ガラスで作られた流れるような模様の美しい風鈴が送られてきました。


b0245289_922857.jpg



吹きガラスと違って、バーナーブローの工程で仕上げられた独特の文様が美しい「流紋風鈴」です。


この風鈴の短冊は、薄い銅版を加工して作ってあります。その素材感と色合いもとてもおしゃれな仕上がりになっています。

窓辺に吊るすと、緑や家並みの色彩がいい感じに透けて、なんとも涼しげな風情があります。こういう透明な風鈴は、どんなお部屋にもしっくりと似合ってしまうのがうれしいところ。

風鈴のドームの大きさや形の違いで、響くときの音が微妙に違います。それがまた、風鈴を選ぶときの楽しみでもあります。

窓辺に吊り下げて、そのカランカランと響くガラスの音を聞いていると、ああ、夏が来たなーとしみじみしてしまいます。

やさしく揺らして、風鈴の響きを確かめてください。

きっと、心に響くひとつが見つかると思います。



      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-07-26 09:23 | ギャラリー  

<< カランカランと風鈴モビール 大人の美意識をくすぐる手持ち花火 >>