太陽の染め

草木染めのRIRI TEXTAIL 和泉綾子さんにお持ちいただいた作品の中に、柿渋染めのものがいくつかあります。

柿渋染めというと、独特の色合いと生地の風合いが特長的な、昔ながらの染めのひとつでもあります。

この柿渋染めは、太陽の染めとも言われている染色法で、光にあたれば当たるほど色彩が濃くなり、同時に生地も丈夫になるそうです。

濃淡2色の茶色の柿渋染めで作られた大小のトートバッグ。


b0245289_0201651.jpg



本体と持ち手の色がコンビになっていて、ちょっとおしゃれなこのバッグ、使い込んでいくほどに生地も色も少しずつ変化していくはずです。

まるで成長していくかのように、持ち主になじんでいく柿渋染めのバッグ。

太陽の染めといわれる由縁を、じっくり見届けたい気持ちになってきます。

ぜひ手にとって、その独特の風合いをお楽しみください。






      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(期間中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-09-22 00:33 | ギャラリー  

<< 織りの作品いろいろ シルエットを楽しむ >>