傘のUV加工

佐藤新吉さんの晴雨兼用傘は、日傘として使っていて急ににわか雨が降りはじめたときでもそのままさしていて大丈夫なように、防水加工を施してあります。

というように、お客さまに傘の説明をするときには傘の持つ機能(?)についての説明もするのですが、ここのところお客さまに「UV加工はしてありますか?」ときかれることがしばしばありました。



b0245289_22462350.jpg



傘の生地は、佐藤さんが生地屋さんで吟味して探してこられるすてきなものばかり。それを昔ながらの手法で丁寧に手作りして作られている傘ばかりです。

UV加工なんて今風の加工がしてあるのかしら・・・、なんて思って問い合わせしてみると、ちゃんとしてありましたよ。

それも晴雨兼用傘だけでなく、雨傘にもUV加工をしてあるとのことです。

たしかに、柄が気に入って雨傘だけど日傘にも使いたいというお客さまがいらっしゃいます。まだ佐藤さんの選ばれた傘の生地が、雨傘を日傘として使ってもちっともおかしくないようなものもあります。

そんなとき、どちらの傘にもUV加工がしてあれば傘を使う幅が広がります。

日傘は日差しを遮るのが仕事です。ですからちゃんと紫外線も防いでくれないと片手落ちですよね。そう思ってあらためて傘を眺めてみると、かわいいいだけでなく機能もきちんとそなえているんだなーとしみじみしてしまいます。

というわけで、佐藤さんの傘を見てUV加工はどうかしらなんて思ったお客さま、ちゃんと加工してありますので、夏の強い日差しにもご安心してお使いください。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-03-07 23:26 | 傘の花さいた  

<< 刺繍マニア 傘の刺繍 >>