<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

そらにわという場所

古都鎌倉の由比ガ浜通り。

ここは由比ガ浜という名前はついているものの、ほんとうの海岸の由比ガ浜に面しているわけではなく、海から八幡様に伸びる若宮大通と、人気のお寺・長谷寺を繋ぐ約1.8kmの道路の名前。

昔ながらのお店やいまどきのお店、それに観光名所などがぽつぽつ入り混じった、のんびり落ち着いた通りです。

この由比ガ浜通りの、若宮大通から少し入ったところ、鎌倉駅からだと西口を出て御成通り商店街を抜け、少し長谷に向いて歩いたところに“そらにわ”という小さな場所ができました。





駅からだと徒歩7分ぐらい。観光客でごった返す鎌倉も、これぐらい歩くと落ち着いた雰囲気が漂い始めます。

この、生まれたばかりのそらにわがどんなスペースになるのかというと、ギャラリーとヨーグルトのコラボしたお店です。

作品を見ながら、美味しい生フローズンヨーグルト(主力!)やそのほかのヨーグルトメニューを食べたり、作家さんの作品を眺めたり。ヨーグルトを食べに来て、作品を見るか、作品を眺めに来て、ついでにヨーグルトもというのもありですね。

このヨーグルトは、吉祥寺にあるウッドベリーズのもの。目からうろこの美味しさにびっくりして、そらにわでも展開したいと導入を決めたの自慢の生フローズンヨーグルトです。季節のフルーツを合わせた絶品の美味しさを、湘南エリアのみなさまにも楽しんでいただきたいと思っています。

この生フローズンヨーグルトを始めるのは来年の4月からの予定です。それまで、そらにわはギャラリーとして活動します。

まず最初に準備しているのが、木工作家の作った木のカトラリーを集めた企画展。

「食べる―木の不道具たち」というタイトルで、新進気鋭の木工作家の方々8人の作品が集まります。

開催は12月16日~2月26日まで、毎週金・土・日の3日間のみで、午前11時から午後5時までのオープンとなります。

「食べる―木の道具たち」展が終了してから、3月にはいると、今度は3,4人の作家さんの作品を集めた「春を呼ぶうつわ」展が始まります。こちらの展示の際にも、木のカトラリーも引き続き並べて見ていただきたいと思っています。

今、店内は企画展に向けて準備をスタートしているところです。

そろそろ作家さんからカトラリーが届き始め、準備も佳境に入ってきたところ。

どんな作品が集まるのか、これからぼちぼちブログで紹介していきますので、乞うご期待。
[PR]

by mikanhouse | 2011-11-29 21:46 | ギャラリー