<   2012年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

富山孝一さんの超ロングボード

そらにわの、今回の目玉はカッティングボード、と以前から何回かこのブログでご紹介しました。

今回は8人の作家さんの作品が一堂に会しているということもあり、若い木工作家の方たちも作品を見にお立ち寄りくださいます。

その中のお一人は、今回ご参加いただいている作家さんと木工の学校での同級生だったという方もいらっしゃいました。

その方が1時間以上もそらにわでいろんな作品を眺めたり手に取ったり。ほんとうに熱心に見ていらっしゃいました。

そして、カッティングボードの棚にいらっしゃったとき、「このボード類の木はほんというにいい状態に乾燥させた素晴らしいものばかりですね」とおっしゃっていました。

こういう道具を作るには、お客さまの手に渡ってから、割れたり反ったりということは許されません。なので木の目地を見たり乾燥具合を調整したりと見えないところでも、いろいろ手間がかかっています。

そういうことのわかる方が、並んだカッティングボードを手にとって見ながら、目の詰まった美しいボードの様子にすっかり魅了されていらっしゃる様子でした。

富山さんのカッティングボードは、どっしりとした重さと厚みがあります。他の道具は手に取るとびっくりするほど軽いのに、ボード類だけは存在感ありありの重量感です。

時間をかけて材料の木を丁寧に乾燥させ、しっかりと目の詰まった状態にしてから、ボードとしてこういう場所にお目見えするのです。

そういうボード類がずらりと棚に並んでいる様子は壮観です。

カッティングボードが得意の富山さんから、何枚ものボードをお送りいただいていますが、大きなものが欲しいというお客さまのリクエストをお伝えして、お持ちの板でできる限りの大きさのものを数枚作ってもらいました。

その中の1枚が、チェリーの特大ロングカッティングボードです。


b0245289_752356.jpg



ボード面の長さは実に40cm、幅は15cm。持ち手の長さまで加えると全長50cmを越えるという超ロングサイズのカッティングボードです。

こういうカッティングボードは、2枚目のサブボードとしてお買い上げいただくことが多いのですが、このロングはメインのカッティングボードとしても通用しそうなサイズです。

しかも持ち手つきで、木目も美しい赤みがかったチェリー材です。

このサイズのカッティングボードは、どこを探してもありません。

そらにわのカッティングボードを並べた棚に、どどーんと存在感ありありで並べています。

大きなボードが欲しいとお探しの方と、うまく出会うことができればいいなと思っています。

そのほかにも定番以外の大きさのものがいろいろ揃っています。

ぜひ、そらにわの様々なサイズのカッティングボード見ていただきたいと思っています。




チェリーの超ロングボード8400円


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-31 08:28 | ギャラリー  

コバヤシユウジさん作デザートスプーン

そらにわには、デザートスプーンも何種類か並んでいます。

デザートスプーンというと、普通のスプーンに比べると一回り小さくてかわいらしいサイズです。

そして、そんなデザートスプーンの中で、コバヤシさんのデザートスプーンは柄が弧を描いていて、ちょっと立体的なフォルムが印象的です。


b0245289_23423368.jpg



ぺたんと寝そべっているスプーンたちの中で、体操選手のようにブリッジをしているような、そんな形。

柄が浮いているので、実はとても持ちやすいのも特徴です。

木のスプーンというと、直線的な柄がほとんどの中で、流線形の滑らかな柄がひときわ目を引くデザートスプーン。

甘くて、柔らかくて、つるんとかぷるんとしていて美味しいデザート。

そんなものを食べるときに、手元においておきたい1本です。



コバヤシユウジさんのデザートスプーン 1890円








     ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-29 23:54 | ギャラリー  

萩原英二さんのお箸

カトラリー展というと、すぐ思いつくのはスプーンやフォーク。

でも日本の食卓には、お箸が欠かせません。

今回の企画展では、萩原さんから漆で仕上げたお箸を何種類かお送りいただいています。 


b0245289_0261292.jpg



利休ばし、数種類の大人箸、子ども箸、納豆箸、お弁当用箸・・・

ひょいと持ち上げていると、見た目よりずいぶん軽くてびっくりします。

先日、小柄な女性のお客さまにお買い上げいただいたのは、子供用箸。手の平も小さいので、大人用の箸より、長さがぴったりするのだとか。

使った後は洗剤をしみこませたスポンジでさっと洗い、乾いたふきんで水気をふき取ってしまい込むなど、特別待遇だと笑って教えてくださいました。

とても使い勝手がいいし、手に持っていてうれしくなるようなお箸だとのことです。

「おかげで、少しだけ、食べたり片付けたりということが丁寧になりました」とうれしいご報告。聞いている私まで、うれしくなってしまいまし。た

いいものを使うと、知らず知らず暮らし方まで丁寧になるような気がします。

こういうお箸で食事をするということは、自分の行動まで変わっていくということなのだなと、しみじみ思ってしまいました。






     ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-29 00:43 | ギャラリー  

甲斐さんの朝ごはん用カトラリー

作家さんから送られてくるものには、一応用途が指定されているものがたくさんあります。

たとえば、ベビー用、チャイルド用、デザート用、アイスクリーム用、茶碗蒸し用、コーヒー用、食事用、ジャム用などなど。

大きさも形もいろいろ。

それでも、じっくり眺めていると、自分なりの用途が思い浮かんできたりすることがあります。

今回、甲斐さんにお送りいただいた竹のカトラリーには、様々な種類のスプーン類があります。

そんな中で、朝ごはん用にいいんじゃないかと名づけられたモーニングセットのスプーンとフォークがこれです。


b0245289_2234423.jpg



全長17cm。

朝ごはんだから、サラダや目玉焼き、ハムやソーセージにベーコン、そしてフルーツ。

そういうものを食べるのにちょうどいいサイズ。

美しくラウンドしたスプーンと、ちょっと横広でユーモラスな形のフォークです。


b0245289_22363411.jpg



こういうサイズは、結構使い勝手がいいので、1セット持っていると、朝ごはんだけじゃなくていろんなシーンで活躍しそうでもあります。

もち手は割りと幅広で、握りがなかなかいい具合です。

よく見ると、平たい三角形に削ってあります。


b0245289_2247556.jpg



竹は、木に比べるとかなり硬くて、道具としての安心感もあります。

手のひらでぎゅっと握れる竹のスプーンとフォーク。その絶妙な太さ。

この持ち感を、ぜひ試していただきたいなーと思います。







      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-27 22:54 | ギャラリー  

狐崎ゆうこさんのれんげスプーン

冬に開催したからか、温かいスープ用のスプーンが欲しい、お鍋で使うスプーンが欲しいと、大きなスプーンをお求めになるお客さまが続出でした。

でした、と過去形なのは、大きなスプーンが会期半ばを待たずに“そらにわ”からなくなってしまったからです。

そこで、大きめのスプーンをお作りいただいている作家さんに、あわてて追加をお願いしました。

そうして届いたのが、狐崎ゆうこさんのれんげスプーン。


b0245289_1033133.jpg



軽くて、めらかなフォルム。大きなスプーン面。

様々な木で作られているので、並べるといろいろな色の木肌がとってもカラフルできれいです。

もう、何でもこい!と、ひとつあると安心できそうな大きなスプーン。

ひとつお買い上げいただいたお客さまが、翌日またいらして「昨日、これでカレーを食べたけど、使い心地がいいから、家族の分も買いに来たの」なんて、うれしいことをおっしゃって下さったり。

やっと追加が届きました。

売り切れになってしまって、「あれ、ちょっと気になっていたのにもうないの?」なんてがっかりして帰られたお客さま。

次の金曜日からそらにわに並べますので、ぜひ見においでください。

私も、この季節ならではの牡蠣やカニの雑炊を、このれんげスプーンで食べてみたいなと思いました。

木のれんげで食べる温かなお料理は、よりいっそう、心も体も温めてくれそうな気がします。





狐崎さんのれんげスプーン
2170円




      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-24 10:58 | ギャラリー  

そらにわのお客さま

そらにわに、たくさんのお客さまがいらっしゃる日もあれば、思いのほか、のんびりした日もあります。

やはりお天気がずいぶん影響するようで、青空の広がった気持ちのいい日は、たくさんの人が外に出かけるように、そらにわにもたくさんのお客さまが足をとめてくださいます。

一方、雨が降ったり風が強かったり、お天気に恵まれない日は、外を歩く人たちも少なく、そういう日は訪れるお客さまも少なくなって、なんだかのんびりした空気に包まれます。

どんな日でも、お客さまがいらっしゃると、いろんな出会いがあり、会話の中から思いがけないことが見つかったり、わくわくすることが多く、それがギャラリーを開けた日の楽しみでもあります。


b0245289_23432733.jpg



たとえ、挨拶だけで会話しなくても、お客さまがお友だちと「こんなカトラリーを使うと、それだけで食事が美味しくなるわよね」とか、「ほんとにいい香りで、癒されるな~」とか、「かわいい。こんなのがキッチンにあると幸せだろうなー」なんて会話が聞こえてくると、もう、それだけで幸せな気持ちになります。

こういうものを訪れた方々に見ていただきたいと思って集めたカトラリーばかりです。そのカトラリーを見たり手に取ったりして、幸せそうな顔をしているお客さまを見ると、ああ、やってよかったなーという気持ちになるのです。

さんざん迷って、やっとひとつお気に入りを見つけてお買い上げいただいたお客さまが、「少しずつしか買えないけど、好きなものを買い足していきたいんです。なので、また来ます」なんておっしゃると、期間限定の企画展の、終了日時をぐーんと延ばしたくなったりします。

こういうささやかなお客さまとのふれあいが、また明日も頑張ろうという活力の源になります。

もし、ギャラリーを訪れてくださったときに、私がにこにこしていたとしたら、それはお客さまにもらった笑顔です。

いろんなお客さまに、少しずつ幸せを分けていただいて、それをせっせと心の中に溜め込んでいるんです。

そうして、いつしか知らず知らず笑顔になってしまいます。

ですから、時々は、訪れてくださったお客さまみんなに、ありがとうと言いたい気持ちになるのです。

ほんとに、どうもありがとう。






      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-22 23:26 | ギャラリー  

そらにわの小鳥たち

かわいい小鳥たちが、伊豆の森からやってきました。

小さくてなめらかで、いろんな色や模様の小鳥たち。

ピピピ、チチチチ・・・。



b0245289_2135512.jpg



賑やかで、楽しげなさえずりが、そらにわの中に響き渡っています。

菊池奈美さんの作られる小鳥シリーズの箸置き。

テーブルの上で楽しげに遊ぶ、かわいい小鳥たち。

でも、食事の時間になると、ちゃんといい子に箸置きの仕事を務めてくれます。

こんな小鳥が、自分の食卓にいてくれたらなぁ、なんて、小鳥たちを見ながら思ってしまいました。

そらにわの森で、この小鳥たちを探してみてください。







      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-19 21:47 | ギャラリー  

開けるべきか、閉めるべきか

ギャラリーをやり始めて、たくさんの人に作家さんたちのカトラリー類を見て欲しいと思いました。

それでも、新しくできたばかりのギャラリーですし、週末中心の金土日祝しか開けていないし、「こんなところにお店ができたの?」なんて、なかなか存在を認知されるのが大変です。

ふと道向かいを眺めると、正面にある日用品のお店と洋服屋さんが、お店の前を開け放ってお商売をしているではありませんか!


b0245289_2232511.jpg



そらにわは、ガラスの引き戸を閉めて営業しています。なので、通りがかりの人がガラス越しに覗きながら、入ろうかどうしようか逡巡して、しばしたたずんだあと、中に入らずに行き過ぎる方たちもいらっしゃいます。

近所でお店を経営している先輩が偵察にやってきて「お客さんを呼び込もうと思うのなら、表は開け放って営業しなきゃ!」なんて、はっぱをかけられたり。

そんなお店の人は、厚着して、足元にストーブを置いたりしてがんばって開けているのだとか。

ためしに開けてみましたが、一気に中の温度が冷えて、耐えられないほどになりました。

あわててガラス戸を閉めて、エアコンの温度を上げたのはいうまでもありません。

確かに、ガラス戸を開けていると、通りがかりの人が気軽に入ってこられます。でも、中も寒いので、そんなにゆっくり展示しているカトラリーを見るという雰囲気でもありません。

そらにわは小町通にあるようなお土産屋さんではないので、ひっきりなしに人が出入りするような雰囲気ではありません。

木工作家のカトラリーの世界をじっくり楽しみたいなと思っていらっしゃるお客さまに来ていただいて、ゆっくり時間を過ごしていただきたいと思っています。

なので、ガラス戸を閉めて営業することにしました。おかげで、中は気持ちいいあたたかさで、ゆっくりと展示している木のカトラリーを楽しんでいただくことができます。

どうぞ、遠慮なくガラス戸を開けて、中へ入ってきてください。

次の金曜日には、あたたかい春の日だまりのような小さな森で、たくさんの素敵なカトラリーとともに、みなさまのお越しをお待ちしています。






      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-18 22:49 | ギャラリー  

素敵な日は・・・

朝、外を見るとすっきりとした青空が広がっていたり、

b0245289_2325259.jpg



一日の終わりに、心が震えるような夕日を眺めたり、

b0245289_23102672.jpg



そんな日は、そらにわでの時間も、とっても前向きに晴れ晴れとした気持ちで過ごすことができて、

人間の心って、そういうことでずいぶんと違って来るんだなーとしみじみ感じて日々を過ごしています。

8人の木工作家さんの、木のカトラリー類を集めた「たべる―木の道具たち」展は、無事会期の半分を終えることができました。

そらにわに来てくださった皆さま、どうもありがとうございました。

これから2月26日までの金土日祝は、引き続き「たべる―木の道具たち」展、3月の1日~4日、8日~11日は4人のガラス・陶器作家による「春を運ぶうつわ展」を開催いたします。

ひきつづき、そらにわでの企画をお楽しみいただけたら幸いです。

また、次の金曜日に、そらにわを訪れてくださる皆さまと、元気な笑顔で出会えればと思っています。







      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-16 23:17 | ギャラリー  

前田さんのコースター

まあるい形にまあるい穴。


b0245289_2159378.jpg



このかわいい丸いものは、前田充さんの作られたコースターです。

ブラックウォールナッツ、チェリー、クルミなどで作られていて、それぞれの木の色がそのまま生かされたコースター。

表面にノミで溝が彫られているので、コップやグラスの水滴が表面に溜まらず、うまい具合に溝に落ちて使いやすそうです。

もちろん、コースターとして使うだけでなく、小さな1輪差しなどを乗せても素敵です。

穴が開いているので、使わないときはオブジェのように壁にかけておいてもいいかもしれません。

こんな風に、形のいいものは、いろいろな楽しみ方をすることができます。

前田さんの作る道具たちは、曲線の優しさが際立っています。

きっと、そのお人柄も、作品を包んでいる曲線のように優しい方なんだろうなと思いながら、前田さんのいろいろな道具たちを眺めてしまいます。

今回は8人の作家さんのものを集めています。なので、こういうデザインの違いを楽しむのも、作家さんの作品を眺めるときの大きな喜びのひとつです。




      ◆-------------------------------------------------------------◆
         金土日祝 11am~5pmオープン

         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-01-13 22:15 | ギャラリー