<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

夏の音展、いよいよ終盤

様々な風鈴や風鈴モビール、日本の花火や音をイメージさせるものを集めた「夏の音」展がいよいよ終盤を迎えました。


b0245289_13126100.jpg


b0245289_1314427.jpg


b0245289_13152293.jpg


b0245289_13152486.jpg



たくさんの風鈴たちが、この夏、お客様のお宅へお嫁に行きました。

皆さんのお宅で、涼しい風の音を響かせていればいいなと思っています。

そして、そらにわで、風の音を響かせている風鈴がまだ楽しめます。

8月下旬とはいえ、まだまだ暑い日々の続いている日本です。

ぜひとも夏の風物詩、風鈴や花火で、終わらない夏を楽しく過ごしていただければと思っています。








     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-25 13:23 | ギャラリー  

小さな庭

8月もいよいよ下旬にさしかかりました。

「夏の音」展も、そろそろ終盤を迎えています。

たくさんの風鈴や風鈴モビール、花火たちがお嫁に行きました。

持ち帰られたお宅で、それぞれ夏の楽しいひと時を演出してくれているのではと思うと、なんだかわくわくします。

そらにわには、まだ追加でお送りいただいたものなど風鈴や風鈴モビールなどがチリンチリンと涼しい音で皆さまのお越しをお待ちしています。

まだまだ暑い日々が続いています。

ぜひ、暮らしの中に涼しい音の風鈴を取り入れてみませんか。


この「夏の音」展のあとに企画しているのが、「小さな庭」展です。

この企画展では、ガーデンデザイナーでワイヤーアート作家の奥田由味子さんが、ワイヤーと多肉などの小さなプランツで作る、手のひらサイズの箱庭作品を展示します。

またプランツつながりで、身近な庭の植物などで染めた草木染と織りの作品を作るRIRI TEXTAILの和泉綾子さんの財布や袋物、キッチンミトンやショールなども集まります。


b0245289_7523320.jpg


b0245289_7524519.jpg



いつも心の中に、小さな緑のオアシスがあれば、静かで優しい気持ちになれるような気がします。

そんな小さな緑を、箱庭や草木染で身近に持つことで、ずいぶん心が癒されます。

「小さな庭」は、自分だけのこころの緑です。

緑を身近に感じることで、潤いのある気持ちを持ち続けたいと思っています。

企画展は9月1日~30日までの予定です。

みなさまも、ぜひ自分だけの心の緑を見つけにお越しください。





 



     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(期間中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-21 08:00 | ギャラリー  

ヘキデコ

そらにわの窓辺に、美しいガラスのモビールが下がっています。



b0245289_10184829.jpg



これは「夏の音」展に合わせて、glass atelier えむにさんが「音はでませんが、窓辺に飾れるので・・・」とお送りくださったものです。

丸くて小さな円盤に、白いイラストが描かれていて、それが5枚や7枚連なって下げられていているモビールです。


b0245289_10191068.jpg



果物のような植物のような種のような・・・

どれもがとても素敵な図柄ばかりで、眺めているお客さまも「おしゃれねー」「写真とっていいですか」なんて声をかけてくださいます。

こういうのが自宅の玄関脇にある明り取りの窓なんかにかけられていると、それだけでおしゃれ度がアップしそうです。

光を透かしてみるガラスのきらきらした美しさにもうっとりします。

ぜひ、このすてきなヘキデコを見にいらっしゃいませんか。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-14 10:25 | ギャラリー  

音符の一輪挿し

「夏の音」展ということで、夏に聞こえてくる音をイメージしたものをということで、そらにわには風鈴や風鈴モビール、そして日本の職人さんが作った線香花火や手持ち花火を並べています。

なので、風が吹き込むたびに、風鈴がカランカラン、チリンチリンと涼しい音を響かせて心地いい空間となっています。

ところで、音がテーマではあるけれど、音の響くものだけでなく、音をイメージさせるものも作家さんからお送りいただいています。

glass atelier えむにさんがお送りくださったのは、かわいい音符の一輪挿し。その名も「音の実」。



b0245289_8315491.jpg



これは耐熱ガラスで作られた作品で、壁にかけておくだけで、なんだかメロディーが聞こえてきそうな気分になります。

いくつか並べておくと、なんだか曲になりそうです。

小さな野の花をぽんと入れた音符の一輪挿しが壁にかかっていると、なんだか元気が出てくるような気がします。

こころにいつも音楽がある暮らし。

そんなことを思い出させてくれるような、小さな透き通った音符の一輪挿し。

身近にこういう音符があると、ちょっとうれしくなってしまいますね。




      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-10 08:25 | ギャラリー  

涼やかな音が自慢の風鈴

今回集まった風鈴の中に、南部鉄の鋳物風鈴があります。

モチーフは花火。

まさしく今回の「夏の音」展にぴったりです。

これは、中村義隆さんがデザインし、壱鋳堂というメーカで作っているもの。

鋳物でありながら、やさしいフォルムで、風を受けてそよそよとするのにぴったりな雰囲気の風鈴です。

さらに素敵なのは、鋳物でありながらカラフルな色の展開があるということ。

ピンク系、赤系、ブルー系、グレー系、ゴールド系と好きな色味が選べるのがうれしいところです。


b0245289_10293576.jpg



風を受けて響く音は、まるで天使のささやきのようです。

風の音を聞いているだけで、ほんと涼しい気分になってきます。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-07 10:57 | ギャラリー  

ガラスの風景を楽しむ風鈴

氷をまあるく削りだしたような色合いのドームに、小さな家や木々が並んで、ひとつの風景が浮かび上がっているのが、橋村野美知さんのガラスの風鈴です。


b0245289_10334050.jpg



今回ご参加いただいた作家さんの中で、唯一地元鎌倉で制作なさっている女性作家さんです。

手作りですので、風鈴のベースになるドームの大きさや形がひとつずつ違うのはもちろん、そのドームに広がる風景もそれぞれが異なっていて、違う世界がそこにあります。

眺めていると、なんだか懐かしいような気分になって、胸がふんわりしてきます。

色合いも、夜をイメージさせるものや夕焼けや朝焼けを思わせるもの、森の景色、町の景色、ほんとうに手に取った人それぞれの思いとシンクロして、その人だけの世界を作り上げてくれる風鈴なのです。

この橋村さんの風鈴を気に入ったお客さまが、どれかひとつに決めるのが難しくて、午前中においでになって、また午後にも来られて、数時間悩んでようやく選ばれたりということもありました。

ひとつひとつの風景の物語を空想しながら、カランコロンと風の音を聞く。

なんともすてきな夏のひと時です。

ぜひ、橋村さんの風鈴の物語を眺めにいらっしゃいませんか。








     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-04 10:49 | ギャラリー  

カランカランと風鈴モビール

風に揺られて響く陶板の音が涼やかで、これは素敵と今回参加してもらうことになった栗田千弦さんの風鈴モビール。


b0245289_10253111.jpg



丸かったり、くつわ型だったりするモチーフを、これまたアイアン作家の古道末吉さんの作ったハンガー状の棒にぶら下げたコラボ作品です。


b0245289_1025527.jpg



風鈴に比べると、モビールは大きいので、部屋に下げても存在感があります。なので、インテリア作品として楽しむことも出来ます。

この陶板が風で触れ合うときの音がとってもよくて、そう、透き通った音というのか、とっても透明な音がします。

この透明感が、耳に涼しく響くのです。

そらにわの天井に下げたこの風鈴モビール。風に揺れて、涼しい音を奏でています。

ぜひ、耳を澄ませて聴いてみてください。




      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~日没(夏期無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-08-02 10:31 | ギャラリー