<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

「そらにわのお茶の時間」展

そろそろ「ヨーグルトボール2012」展も終盤に差し掛かりました。

11月4日までの開催となります。6人の作家さんの作られたボウルの数々をぜひご覧いただければと思います。

さて、11月の企画は「そらにわのお茶の時間」展です。こちらは11月6日から12月2日の予定で開催いたします。

そろそろあたたかい日だまりの恋しくなる季節。

そんな日だまりで、あたたかい美味しいお茶を飲めたらいいだろうなということで、ガラスと磁器の作家さんと南部鉄のデザイナーの方に、ティーポットやカップ類などをお送りいただきます。


b0245289_11245776.jpg
b0245289_11251126.jpg




今回ご参加いただくのは、磁器作家の道具政子さん、ガラス作家お二人のglass atlier えむにさん、南部鉄デザイナー中村義隆さん(壱鋳堂)です。

道具さんの美しい模様の茶器、えむにさんの耐熱ガラスで作った透き通った茶器、そして中村さんのカラフルな南部鉄のポット類などが並びます。

ほっこりとくつろぐお茶の時間を、お気に入りの茶器で楽しむのは至福の時間です。

ぜひ、自分のお気に入りを見つけにおいでください。

また、11月にはほつみギャラリーさんの秋の鎌倉「ほつみさんぽ」が行われます。

このうち2回は散歩コースの中に「そらにわ」が入っています。

秋の鎌倉のお寺や街並み、そしてギャラリーや素敵なお店などが魅力的なコースとなっています。

このお散歩に参加して、そらにわにお越しいただくのも楽しそうです。

興味のある方は、以下のサイトにて詳細をご確認ください。

【鎌倉ほつみさんぽ】
hotsumi GALLERY須藤ほつみがナビゲーションし、色々な街のギャラリーやお店を巡る
街の散策企画ほつみさんぽ、今回は秋の鎌倉へ出かけます。
http://hotsumig.exblog.jp/17034862/

秋が深まると、鎌倉はますます魅力を増してきます。

そらにわ併設の「鎌倉ウッドベリーズ+」では、生フローズンヨーグルト、ヨーグルトボウルに加えて、11月から暖かい飲み物メニューなどを用意して皆さまのお越しをお待ちしています。

芸術の秋、そして食欲の秋、ぜひいろんな魅力を楽しみに鎌倉へお越しください。







      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-25 11:40 | ギャラリー  

口当たりのいい木のスプーン

木工家の前田充さんに、「ヨーグルトボールを作ってください」とお願いしたところ、「ヨーグルト用のスプーンも作ってみました」と、一緒に送っていただきました。


b0245289_9285176.jpg



曲線の美しい木のスプーンです。チェリーとブラックウォールナットの2種類があります。

大きさも、小さすぎず大きすぎず、バランスのいいスプーンです。

こんなスプーンで、毎朝ヨーグルトを食べられたら美味しさ倍増だろうなーなんて思ってしまいます。

前田さんの作られた木のボウルに合わせて、木のスプーンというのはもちろんですが、ほかの作家さんにお送りいただいた陶器やガラスのボウルに合わせても、とっても素敵な雰囲気です。


b0245289_934628.jpg



口ざわりの優しい木のスプーンを、食卓の仲間に加えてみてはいかがでしょうか。

こんな木のスプーンでヨーグルトを食べると、ちょっとだけ、幸せ気分が増してくるような気がします。





      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-23 09:37 | ギャラリー  

草木染めの優しいストール

今回の「ヨーグルトボール2012」展に、前回に引き続きRIRI TEXTAILの和泉綾子のストールに参加していただいています。


b0245289_7382515.jpg



ザクロやビワ、クルミ、クローブなど、身近な植物で染められたストールは、ふんわりと優しい表情をしています。

だんだん肌寒くなってきた今日この頃、こういう優しいストールを首元に巻いてお出かけしたくなってきます。

植物の美しい色彩を身にまとうのは、なんともぜいたくな気分でもあります。


自然のもつ色彩は、決して気持ちをざわざわさせることはありません。

丁寧に染められた草木染めのストールは、すっと体も心も柔らかく包み込んで、ほっこりと暖めてくれます。

この秋は、植物を身近に纏って、お出かけしてみませんか。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(期間中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-19 07:54 | ギャラリー  

水玉の・・・

熊田恵子さんの陶器のボウルは、形と模様で何種類かをお送りいただいていますが、とあるお客さまが一つのボウルを見た瞬間「あっ、これ熊田さんのボウルでしょう」といい当てられました。

それは、水玉模様のかわいいボウル。
 

b0245289_0242912.jpg
b0245289_0245933.jpg
b0245289_0251692.jpg
 



そうなんです。

熊田さんの陶器の作品には水玉模様のものが多いのです。

なので、水玉を見ると、ひょっとして熊田さんかな?なんて思ってしまう人も多いと思います。

かわいい水玉、丸っこいボウル。

優しい気持ちになるような水玉のボウルです。

こういうものを持っていると、食卓の景色がなんだか嬉しくなってきます。

そんな気分になるボウルがそらにわに大集合しています。

ぜひ、ご自分にぴったりのボウルを見つけにおいでください。


     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

    ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-16 00:30 | ギャラリー  

波のボウル

鎌倉のガラス工房で作品を作っていらっしゃる橋村野美知さんのボウルには、青い波の模様が刻まれています。


b0245289_102964.jpg



両手で抱えると、コロンと手の中に入ってしまいそうなサイズのボウルです。

乳白色のすりガラスの底の方から、幾重にも波が押し寄せてきているような、そんな模様が付いています。

これは、色ガラスを重ねて、それを削って波の模様にしているとのことです。

手間暇のかかっているこのボウル、女性のお客さまはたいがい手に取って眺めて行かれます。

自分のボウルの中に海があって、いつも波が揺らいでいる。

ちょっと素敵な気分になってきます。

お越しになったら、ぜひ手に取ってごらんください。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-14 10:09 | ギャラリー  

宇宙的な形のボウル

濱舘寛さんが作ってくださったヨーグルトボウルは、結構大ぶりです。

透明なガラスで、装飾のない潔い姿をしています。


b0245289_2329611.jpg



それよりなにより、特長的なのは大きく開いた口とは対照的に、とってもこじんまりとした底が付いていること。

なんだかおちょぼ口を連想するような、下に行くほど閉じてくる感じがなかなか面白い形をしています。


b0245289_23312827.jpg



こんな大きなボウルが、小さな底でテーブルの上に鎮座している姿は、絶妙のバランスで、なんだか宇宙的だな存在のようにも思えてきました。


たくさんのフルーツやシリアルとヨーグルトを食べたり、実はおそうめんなどの麺類を盛ってもすてきだろうなと思いながら眺めてしまいます。

大きな透き通ったガラスのボウル。

風に誘われて、ふわふわ浮いてしまいそうな軽やかなボウルです。

朝の光に透かしてみたい気分になってきます。




      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-11 23:37 | ギャラリー  

「砂の器」のヨーグルトボウル

ガラスの中に白い砂の入った、「砂の器」シリーズのヨーグルトボウルを作ってくださったのは村木美緒さん。

b0245289_2218346.jpg



これはサンドブラストのように、ガラスを削って模様をつけているのかなと指でなでてみるけど、表面はつるつる。

ガラスの中に白い砂が閉じ込められているのです。その白い砂は楕円の模様を描いていて、波紋のような、流紋のような、なんだかゆっくりとガラスの中で液体が流れているような気がしてきます。

b0245289_22184778.jpg



実はこのボウル、鎌倉ウッドベリーズ+(そらにわ併設の生フローズンヨーグルト店)の、薄緑色の十和田石カウンターに合わせて作ってくださったのだとか。

確かに、薄緑色の石のカウンターに置いてみると、何ともしっくりとなじんだ感じがします。ただ、写真にすると模様が写りにくかったので、撮影は木のテーブルで。

b0245289_2219590.jpg



結構大ぶりのボウルなので、ヨーグルトを食べるのなら、シリアルやフルーツをたっぷり入れてボリュームのあるひと皿ができそうです。

ヨーグルト以外でも、パリッとした野菜を入れたサラダボウルとして、または小鉢として、いろんな用途に活躍してくれそうなボウルです。

それぞれの暮らしの中で、すてきに使いこなしていただければと思っています。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-09 22:31 | ギャラリー  

小ぶりのグラスボウル

今回、4人のガラス作家さんにヨーグルトボウルを作っていただいていますが、みなさん、まったく雰囲気も形も違う作品をお送りくださいました。

今日ご紹介するのは、橋村大作さんのヨーグルトボウル。

濃厚でぽってりしたガラスの、小ぶりのボウルです。


b0245289_2223310.jpg


b0245289_22231413.jpg



中を覗き込むと、厚みのある底には、たくさんの気泡が閉じ込められています。

なんだか、下からぶくぶくと気泡が沸き上がってきているようにも見えます。

底が厚いので、置いたときにどっしりとした安定感があります。

光を浴びて、きらきらと輝く厚口の小ぶりのボウル。

ヨーグルトはもちろん、蕎麦ちょことしても、小鉢としても使い勝手がよさそうです。

ぜひとも手にとって、そのサイズ感を両手で感じてみてください。







      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-07 22:36 | ギャラリー  

端正な木のボウル

美しいカーブで、ころんとしたフォルム。

前田充さんの作るボウルは、どれも端正で美しい形をしています。


b0245289_010414.jpg


b0245289_011010.jpg



今回は、3つの大きさのボウルをお送りいただいています。

この写真のボウルは、素材はチェリーで一番大きなものです。

小どんぶりとしても使えそうなサイズのこのボウル。

これでヨーグルトを食べるときには、シリアルやフルーツをたっぷり入れて、朝ご飯やブランチによさそうです。

木の肌触りは軽やかで柔らかい。

ぜひ、手にとって、その肌触りを感じていただけたらと思います。

こんなボウルにお料理を盛って食事をすると、なんだか優しい気持ちになってくるような気がします。

サイズの違う木のボウルを眺めながら、何を入れようかなーなんてついにやにやしてしまいまいます。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-06 00:44 | ギャラリー  

熊田恵子さんのあたたかなボウル

今回、一番最初にボウルをお届けしてくださったのが、陶芸家の熊田恵子さんです。

ぽってりっとあたたかな雰囲気のボウルの数々が届きました。

その中で、今回のDMに使わせていただいたのがボーダー&ストライプのボウル。


      
b0245289_943295.jpg


b0245289_944323.jpg
 


なんとも素朴で、かわいらしい雰囲気のボウルです。

陶器なのはわかっているけれど、ふわふわと柔らかそうな手触りが感じられるような気がします。

こんなボウルで、毎朝ヨーグルトを食べられたらうれしいだろうなーとにこにこしてしまいます。

自分のお気に入りのボウルでヨーグルトを食べる。

ぜひ、お気に入りのマイボウルを見つけて、ささやかなぜいたくを楽しみませんか。






      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(会期中無休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)


       ◆-------------------------------------------------------------◆
  
[PR]

by mikanhouse | 2012-10-04 10:00 | ギャラリー