<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

あたたかな木のスプーン

そらにわでは、これまで何度か木工作家さんの作品を並べてお客さまに見てもらいました。

そのたびに、作家さんの作られた木のスプーンをコレクションして集めてきました。

というのも、生フローズンヨーグルトの「鎌倉ウッドベリーズ+」というスペースを併設していて、ここで食べる生フローズンヨーグルトやヨーグルトボウルなどに、ぜひともお気に入りの木のスプーンを使ってもらえればいいなと思ったからです。

鎌倉ウッドベリーズ+ : http://www.facebook.com/kamaberrys

今回の「そらにわ*フレンズ」展には、ぜひこの木のスプーンたちを並べたいと思っていました。


b0245289_21552420.jpg



そこで、棚に海辺で拾ってきた流木を置いて、それを枕に、木のスプーンをずらりと並べてみました。 

流線型の流木に並べたスプーンを見ていると、なんだ音符のように見えてきます。音符をたどればメロディーが聞こえてきそうです。

木工作家の狐崎ゆうこさん、コバヤシユウジさん、前田充さん、難波行秀さん、萩原英二さん、甲斐暢夫さん、堀宏治さんの木のスプーンたちです。

形も大きさも素材もいろいろのスプーンです。

ぜひお好みの1本を見つけてみてください。




     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-30 22:18 | ギャラリー  

そらにわ箸

そらにわの棚に、天然木の箸を並べています。


b0245289_8401482.jpg



このお箸、実は天然木のフローリング材の端材で作りました。

東南アジアの森で、高級木が伐採され森の減少が問題になっています。

その高級材から作られているフローリング材が大量に日本には輸入されてきています。

高級材ですが、家を建てる現場では、使わなかった天然木端材はそのままごみとして捨てられています。

それはもったいない!というのが「そらにわ箸」の始まりです。

お箸というのは小さな部分から作ることができます。

なので、お箸のためだけに木を切るのではなく、ほかの用途の木の端材から作れば、切られた木の有効利用ができます。

工務店などに話をして無垢の天然木フローリング材の端材を集め、それを箸づくりのメッカ若狭の箸工場へ依頼して、若狭らしい漆塗りと樹脂塗の2種類のお箸を作ってみました。

六角箸、四角箸、手彫り箸の3種類があります。

箸づくりの作業手順の関係で、漆塗りの箸には箸枕が付きます。樹脂塗のお箸の場合は箸枕を作ることができませんでした。

ただ、樹脂塗の箸は食洗機でも使えます。

漆塗のお箸は1000円、樹脂塗のお箸は800円で販売中です。

どうぞ、そらにわの棚に並んでいる天然木で作った「そらにわ箸」もご覧ください。





 


     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-24 08:43 | ギャラリー  

ごんぶとしゃもじ ~ 菊池奈美

そらにわ定番の、ごんぶとしゃもじ。

伊豆に工房を構え、間伐材を利用して作品作りをなさっている菊池奈美さんの作品です。

グリップ部分のコロンとした丸さと太さが、手のひらへの収まりがいいと大人気です。


b0245289_23521198.jpg



間伐材なので、樹種もいろいろ。

木目の美しいもの、ピンク色のもの、色白のもの、重いもの、軽いもの。

木が一本一本違うように、どれも同じものはありません。

どのおしゃもじが、自分の手にぴったり収まるでしょう。

なんだか、シンデレラ姫のガラスの靴が足に合うかどうかを試しているときのような気分になってきます。

ぜひ手に取って、ご自分の手のひらで握りしめてみてください。

きっとぴったりの1本が見つかると思います。



      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-16 23:56 | ギャラリー  

そらにわ*フレンズvol.1

無事「てぬぐい散歩」展が終了しました。

会期中遊びに来ていただいた皆さま、どうもありがとうございました。

そらにわは、てぬぐいを終えて展示入れ替えをしました。

これから「そらにわ*フレンズ」展になります。

そらにわに定番で作品を入れていただいている作家さんや、そらにわの企画展で残しておきたいと思った作品などを中心に並べています。


b0245289_1031059.jpg



そらにわのコンセプトは、暮らしを彩る、小さな幸せを見つけることのできるような作品をご紹介することです。

そういう作品が棚に並んでいます。

難波行秀さんのバターケース2種
菊池奈美さんのごんぶとしゃもじ・料理ヘラ・小鳥のバターナイフ
堀宏治さんの丸盆
道具政子さんの楕円のお皿
木村美緒さんの砂のボウル
RIRI TEXTAILさんのキッチンクロス
奥田由味子さんのワイヤー作品
松下理恵子さんのキャンドル
河原崎貴さんのキャンドルホルダー
これまでそらにわの企画展にご参加いただいた木工作家さんの作られた木のスプーンたち
若狭の箸工場に依頼して作ってもらった、天然木の箸

どれもこれも、手元に置いておくとちょっとうれしくなるような素敵な手作り作品ばかりです。

ぜひこの機会に、じっくりと「そらにわ*フレンズ」の作家さんの作品を見ていただければと思います。




     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-14 10:45 | ギャラリー  

てぬぐい散歩展、いよいよ最終日

約1か月間にわたって開催してきた「てぬぐい散歩」展が、本日をもちまして終了いたします。

独特のモチーフとライブりーな生き物シリーズが人気の、関西でご活躍の鴨川志野さんと、葉山で海と山を感じさせるてぬぐいをお作りの菅原恵利子さんのお2人のてぬぐいを、ずらりと並べてお客さまに見ていただきました。


b0245289_72748100.jpg



お気に入りのてぬぐいをかばんにしのばせて、気持ちいい外にお散歩に出かけませんか?というのがコンセプトの企画展。

大きなハンカチとして汗をぬぐうもよし、頭にかぶったり、首に巻いたり、時には草むらに広げて上に座ったり、いろんな使い方で、日本伝統の布を楽しんでいただけたら幸いです。

いろんな色、柄のてぬぐいはほんとうに百花繚乱で、きっと好きなものが見つかること間違いなしのにぎやかさです。

注染という伝統的な染と、モダンでありながら和の雰囲気を漂わせるてぬぐいの世界。

このブログで1枚ずつご紹介していましたが、まだ掲載しきれていないものが何枚もあります。

作家さんからお送りいただいたてぬぐいは、本日いっぱい展示販売していますので、ぜひ見にお越しください。

折しも母の日の今日、お母さまに母の日のプレゼントとして素敵な1枚を選ぶのもいいですね。

みなさまのお越しをお待ちしています。



     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-12 07:27 | てぬぐい散歩  

南瓜双猿図(サル) ~ 鴨川志野

てぬぐいの中に、どどーんとサルが立っています。

インパクトありありのおサルさんのてぬぐいです。


b0245289_21215315.jpg



おサルさんですが、とっても足が長くてスタイル抜群です。

手元にあるのはタイトルにある南瓜ですね。

生き物が大得意の鴨川志野さんらしい、生き生きとした表情と愛らしい顔つきが何とも魅力的なてぬぐいです。

こんなおサルさんを連れて歩きたい。

ついついそう思ってしまいます。

てぬぐいペットと呼んでもいいような、そんな存在感のあるおサルさんの親子です。

ほかの動物シリーズと合わせて、手元に置いておきたいと思わせる1枚です。



      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-11 21:46 | てぬぐい散歩  

ジャムつつみ ~ 鴨川志野

このてぬぐいには、「ジャムつつみ」という名前が付けられています。

ジャムの入ったびんを2本ぐらいぐるぐるっと包んで持っていくのにいいんじゃないのとデザインされたてぬぐいです。

たしかに、てぬぐいでワインボトルを包んだり、何かプレゼントしたいものを包んだりと、包装紙代わりに使われることも多々あります。

このてぬぐいはジャムを包むということで、果物のモチーフがてぬぐいいっぱいにちりばめられています。

その果物が大好きな小鳥たちと、小鳥にちょっかい出している猫の手もまぎれています。


b0245289_22231210.jpg



何ともにぎやかで楽しいてぬぐいです。

ジャムのびんを包むもよし、頭に巻いたりスカーフ代わりに首に巻いたり、テーブルセンターにしたり。

いろいろ使ってお楽しみいただきたいてぬぐいです。



      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-10 22:30 | てぬぐい散歩  

睡蓮花音図 ~ 鴨川志野

水色の鮮やかな美しいてぬぐいです。

睡蓮の花が布いっぱいに咲き誇っていて、涼しげでクールビューティーというイメージがぴったりのてぬぐい。


b0245289_7354811.jpg



絵として壁に飾ってもよさそうな、そんな雰囲気もあります。

睡蓮はモネも好んで描いたモチーフです。

水面に浮かぶ大輪の花は、人の心をひきつけてやまない魅力にあふれています。

鴨川さんの睡蓮も、色合いとデザインでたくさんのお客さまが眺めていらっしゃいます。

夏の花、睡蓮。

これからの季節にピッタリの図柄です。

色は写真にある水色と紫の2色が届いています。

美しい睡蓮の咲く手ぬぐいを、ぜひ手にとってご覧ください。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-09 07:42 | てぬぐい散歩  

ろば旅図 ~ 鴨川志野

ろばの背中に、たくさんの荷物がのっかった図柄です。


b0245289_7574279.jpg



最初はブレーメンの音楽隊かなと思いましたが、ろばは一人旅のようです。

生活に必要なものを律儀に背負って、旅をするろば。

そういえば、エジプトに旅行に行ったとき見かけたろばは、これぐらいの荷物を背負って働いていました。

自分の体の何倍もの大きさの荷物を背負って、まぶしい日差しの中を黙々と歩いていたろばたち。

そんなろばが旅をすると、やっぱり荷物が多いんでしょうか。

これだけ荷物があれば、日頃と同じような暮らしぶりで旅ができそうなのもいいですね~。

荷物の多さにうんざりしなければですが(笑)。

私はリュックサック一つで旅に出るのが好きですが、ろばにはろばの旅があります。

あなたはどんな旅がお好きでしょうか。



      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-08 09:01 | てぬぐい散歩  

波待ち縞 ~ 菅原恵利子

湘南といえば海。

海といえばサーフィン。

というわけで、湘南の一コマを切り取ったてぬぐいが「波待ち縞」です。

海を見ると、たいがいサーファーが数人波待ちしている姿を見かけます。

うねりの間に間に、ボードに乗って、気持ちよさそうに波に揺られているサーファーたち。

その様子を、すっきりとした縞模様のなかに組み込んである素敵なてぬぐいです。


b0245289_9263471.jpg


b0245289_934696.jpg


b0245289_927592.jpg



広げると湘南の海。

なんとも大きな景色のてぬぐいです。

ぜひ、湘南のそうした景色をお手元にいかがですか。





      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-05-07 09:31 | てぬぐい散歩