<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

鎌倉クラフトマルシェ、ブース工事進行中

8月5日午後オープンを目指して、しゅくしゅく(?)とギャラリー工事を進めています。

最初は2人で始まった改装工事。

私も重要な戦力として、ペンキを塗ったり、簡単なカット作業をしたり、時には重いものを運んだり。


b0245289_22164018.jpg


そうこうしているうちに、日曜大工好きの大家さんがメンバーに加わり、工事は3人で進めることに。

男性が2人になると、私はサブに回ることが多くなってきました。


b0245289_22185415.jpg



それでも、人手がいるので、やっぱり柱を運んだりなんて仕事も。そんなこんなで重いものを持ち上げて軽いぎっくり腰に(涙)。

で、その後さらに大家さんの友達も参入してきて、いつのまにか男手が3人というぜいたくな状況に!


b0245289_22215535.jpg


b0245289_22225740.jpg



こうなると、華々しいステージに私の出番はありません。

落ちたくぎを拾ったり、木片を集めたり、言われた雑用をこなしたり・・・

ま、私の出番は減りましたが、仕事はサクサク進むようになり、ブースの構造がほぼ完成してきました。

最初は大工さんを雇おうか・・・なんて考えていましたが、助っ人のおかげでどうやら自分たちの力だけでギャラリーが完成しそうです。

壁に沿って建てたブースとブースの間に梁を渡して、強度も確保しました。


b0245289_2228749.jpg



イメージ通りの素敵なギャラリーが完成しそうです。

作業の合間に、作家さんたちもぞくぞくと様子を見に来られています。

素敵な作品が並んで、たくさんの人の集う楽しい場になればいいなーと思っています。


      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-31 22:31 | ギャラリー  

湯浅物産館の内部

新しくそらにわがギャラリーをオープンする湯浅物産館は、鎌倉の歴史的建造物の指定を受けていますが、内部は公開されていません。

昭和初期に建てられた、それはエキゾチックな建物です。せっかくなので、その1階部分を少しご紹介します。

まず、なんといっても天井。

b0245289_8325562.jpg


b0245289_833816.jpg



装飾をほどこされた銅版を張り巡らせて、その上に白いペンキで塗装してある独特の天井です。

しかも、かなり天井が高いので、空間が広々と見えます。

この天井銅版への塗装がはがれて、今はもろもろになってしまっていますが、できた当初はどんなに豪華で美しかったでしょう。

思わず見とれてしまう、素敵な天井です。

そして建物の真ん中には吹き抜けがあり、その上がトップライトになっています。


b0245289_8384986.jpg


b0245289_839355.jpg



2階の吹き抜けの周囲には、手すりを配した回り廊下になっていています。

2階に上がる階段も含めて、廊下も天井高も、ゆったりとした作りです。

大家さんに案内してもらって、建物の中を見て回り、古い町の大きな商家の独特な作りにすっかり魅了されてしまいました。

この建物の中で、今回ギャラリーをやるというのはなかなか面白いことに思えてきました。

今回はブースを作ったり、天井に布を張ったりと、内部の意匠があまり見えなくなってしまいますが、建物正面の緑のタイルは、昭和初期の特注タイルですし、そのたたずまいは健在です。

ぜひ、「鎌倉クラフトマルシェ」へお越しの際には、そういう歴史的な建物も含めて、お楽しみいただけたらと思います。




      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-31 08:47 | ギャラリー  

鎌倉クラフトマルシェbyそらにわの場所

先日お知らせした「鎌倉クラフトマルシェbyそらにわ」について、少しずつお知らせしていきたいと思います。

ます、その場所です。

若宮大路を鶴岡八幡宮から200mほど下った場所、鶴岡八幡宮に向かって左手側にある店舗を借りることになりました。

若宮大路の、小町通りなどがある人通りの多い側の1階路面店です。

渋い緑色のタイルに覆われた、とっても歴史を感じさせる建物の1階になります。

建物自体もおもしろく、「鎌倉市景観重要建築物」に指定されているユニークな構造です。


b0245289_9385967.jpg



上の写真の建物の右下に、そのことを書いた銅版プレートが掲示されています。


b0245289_9401227.jpg



プレートにも記載されていますが、明治30年に創業したお店で、横浜の貿易商社を模した外観デザインとなっています。

これは木造建物の正面に装飾をほどこした「看板建築」と呼ばれるものだそうで、とても珍しい建築物のようです。

外から見た感じと、内観は全く違っていて、なんかお芝居などの舞台のセットを連想してしまいました。

歩道から見上げると、2階の窓のデザインなどは、レトロでロマンチックな素敵なデザインです。


b0245289_9475318.jpg



この窓辺からは、段かずらの桜並木をずずーっと見下ろすことができるので、桜の頃にここでお花見ができたら素敵でしょうね~。

昭和11年に建てられた建造物ということで、私たちの年齢よりもずっと年上の、ほんとうに貫録のあるたたずまいです。

この建物に現在2軒のお店が軒を並べています。そらにわは一番端の鶴岡八幡宮側にギャラリーをオープンします。

この建物のユニークさに負けないような、クリエイティブで生き生きとした作家さんの作品を並べて、たくさんの方に見ていただきたいと鋭意準備中です。

8月5日午後のオープン予定日まであとわずか(ほんとうに間に合うかどうか、とっても不安ですが・・・)。

作家さん集め、内装工事(←自分たちでやっています。ボランティア大歓迎です!!)、全力疾走中です。

とにかく、超特急で準備をすすめます!

今度は、またまた素敵な建物の中をご紹介します。

由比ヶ浜の「そらにわ」では「夏じたく展」を引き続き開催中です。暑い夏にあったらいいなーといういろいろなものを並べています。

ぜひ通常営業中の由比ヶ浜のそらにわギャラリーへも足をお運びください。





      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-29 09:45 | ギャラリー  

難波行秀さんのバターケース

そらにわで大人気のバターケースがあります。

丹波に工房を構えて木工作品をお作りの難波行秀さんの作られるバターケースです。

材質はクルミとブラックウォールナット。

昔ながらの箱作りで組み上げられたケースの四隅は、お米の糊で張り合わせてあります。

ゆるく内側に反ったボディー、指先が引っかかるように庇を付けたフタ、またその蓋をぱちんと気密性高く閉めることのできる精密な合わせ。

難波さんのバターケースには、いくつもの技が光っています。

というわけで、バターケースをお探しの皆さんに人気があり、そらにわでは売り切れが続いていましたが、ようやく新しいバターケースが送られてきました。


b0245289_2148347.jpg



200gの一般的なバターが入るサイズと、カルピスバターや四葉バターの業務用(400g)用の2種類があります。

さっそくギャラリーに並べます。

どうぞ、見にいらしてください。

 


     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-18 21:51 | ギャラリー  

作家、クリエーターの皆さまへ

「そらにわ」は由比ヶ浜通りに面した店舗で、ギャラリーと、生フローズンヨーグルトのお店「鎌倉ウッドベリーズ+」の、二つのスペースのミックスで営業しております。

鎌倉ウッドベリーズ+ → http://www.facebook.com/kamaberrys

そらにわでは、暮らしを楽しくするような、そんなクラフト作品を中心に企画展を進めています。

そんな「そらにわ」が、期間限定で新しいギャラリーをオープンすることとなりました。

場所は若宮大路に面した鶴岡八幡宮の門前。


b0245289_10521841.jpg
 


ここに8月上旬から1月下旬まで、約6か月間「鎌倉クラフトマルシェbyそらにわ」というギャラリーを開きます。

急に決まった話で、あまり準備期間もありませんが、これまでお付き合いのあった作家さんに加えて、鎌倉の1等地で少しの間作品を展示してみたいという新規の作家さん、クリエーターさんを募集します。

この鎌倉クラフトマルシェは、各作家さんが自分のブースを自分で運営するという野外フェス方式でやりたいと思っています。

新店舗は、地図でも確認できますように、鎌倉の鶴岡八幡宮の門前にある路面店です。国内の観光客だけでなく海外からのお客さまも多く、たくさんの方に作品を見ていただく機会になると思います。鎌倉の1等地に、作家さんの臨時店舗を期間限定で出すと考えていただければわかりやすいと思います。多くの実売が期待できるだけでなく、新たな顧客開拓、販路開拓のチャンスとしてとらえていただければと思っています。

興味のある方には参加概要をお送りしていますので、以下のメールアドレスにお問い合わせください。

その際に、ご自身の作品のわかるHPアドレスや添付写真などを付けてお問い合わせいただけるとありがたいです。

どうぞお気軽にお問い合わせください。





     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-13 11:06 | ギャラリー  

涼やかな音色~南部鉄のカラフル風鈴

風鈴と一口に言っても、いろんな素材の風鈴があります。

素材が違うと、奏でる音色も様々です。

素朴な音、低い音、甲高い音、大きな音、小さな音、やさしい音、元気な音・・・

それぞれの素材の風鈴に、それぞれの魅力があり、どれか一つを選ぶのが難しいところですが、この夏のそらにわでは、厳選して鉄の風鈴だけを集めてみました。

鋳物の風鈴の音は、その見かけとは裏腹に、なんだか天使の音色のように澄み渡って涼やかです。

風が吹いてくるたびに、鈴の音のような軽やかな響きで暑さを忘れさせてくれます。

こと、盛岡にある壱鋳堂さんの南部鉄の風鈴は見た目の愛らしさと、透き通った音色の両方がどちらも魅力的で人気があります。

これは、中村義隆さんがデザインされた「HANABI」という風鈴です。



b0245289_14383038.jpg




ちいさな風鈴ですが、鋳物に5色の色を吹き付けてあり、自分の好みの色合いのものがきっと見つかります。


暑い暑い夏が始まりました。

耳で聞いて涼を得るという、繊細な日本人の感性にぴったりの風鈴です。

そらにわに、ずらりと並んだ涼しい音色を楽しみにおいでください。



 

     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-10 14:40 | そらにわの夏じたく  

金子恭史さんの風鈴と蚊取り線香かけ

そらにわに昨夏も作品を出していただいたmetal NEKO主催の金子恭史さん鉄の小物が届きました。

今回は「夏じたく」ということで、鉄の風鈴と鉄の蚊取り線香たて。


b0245289_1218154.jpg


b0245289_12182465.jpg
 


どちらもシンプルな中に味わいのある素敵なアイアンの小品です。


「使う人と共に時を重ね、そこにたくさんの思い出が込められるような、豊かな暮らしや心を形作る一助となりえるようなものづくり」を目指している金子さんの作品は、どこかあたたかくて、手に取るとホッとするような雰囲気を醸し出しています。

ぜひ夏のシーンのどこかに、金子さんの小さな鉄の作品を加えてみませんか。

     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-06 12:20 | そらにわの夏じたく  

夏の肌に欠かせないoutdoor body spray

夏を快適に暮らすために、避けては通れないのが虫対策。

海に山にと出かける機会も多い夏の日々。そんなアウトドアでの虫対策にはいろいろ気を使います。

そこで、そらにわではナチュラルで気持ちのいい虫よけスプレーを「夏じたく」展の仲間に加えました。

アロマ大国オーストラリアのパーフェクトポーションが定番で作っている「アウトドア ボディーローション」。


b0245289_8454719.jpg



シトロネラ、ペパーミント、ユーカリ、ティートリー、シダーウッドなど、選び抜かれたエッセンシャルオイルとベジタブルオイル、香水に使用される高品質のアルコールのみ使用。

虫の好まない香りの精油をメインにブレンドして、清涼感のあるさわやかな香りのスプレーです。

また、このスプレーはBDIH(ドイツ医療品化粧品商工連盟)の認定を受けています。BDIHはナチュラルコスメに対して厳しい認定基準を設けていますが、パーフェクトポーションはオーストラリアで初めてBDIHの認定を受け、認定取得商品はその安全性が保障されています。

お出かけ前などに、足や腕など肌に適量をスプレーしたり、お部屋にスプレーしたり、衣類やシーツなどにスプレーしたりと、いろんな使い方ができます。

キャンプの際はテントの中にスプレーするというのも定番の使い方のようです。

私は夜寝る際に、腕と足にスプレーして蚊よけに使っています。香りもフレッシュで気持ちいいし、蚊も飛んでこないし、夏は常に身近に置いておきたいスプレーのひとつです。

お出かけの際には、かばんにアウトドアボディースプレーをぽんと放り込んで、虫を気にしない夏の暮らしをお楽しみいただければと思います。

お子さまから大人の方までご家族皆さんで使うことができますが、メーカーの注意書きで赤ちゃんは生後6か月以降からお使いくださいとのことです。

ぜひアウトドア ボディースプレーで、快適な夏をお過ごしください。





      ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-04 08:57 | そらにわの夏じたく  

そらにわの夏じたく

いよいよというか、ついにというか、7月になってしまいましたね。

7月から8月にかけてのそらにわでは、「そらにわの夏じたく」展を開催します。

夏にあるとうれしいもの、楽しいもの、そういうものを集めて展示していきます。

まず最初にご紹介するのは、草花リース作家のまつばらひさよさんの小さな「蚊遣リース」。

手のひらサイズの小ささで、ほんとうにかわいいリースです。


b0245289_14204518.jpg




夏の蚊はほんとうにストレスフルです。そこで松原さんにお願いして蚊よけのリースを作ってもらうことにしたのです。

ただかわいいだけでなく、虫除け効果のある 柑橘類の皮やゼラニウム系の葉っぱやお庭の夏の花などを小さなリースにして、レモンユーカリのアロマを吹き付けてあります。

この香りを蚊が嫌って蚊よけになると言われています。

ぜひ、窓辺やベッドサイドなどに吊り下げて、蚊よけのリースとしてお使いいただければと思います。

草花リース作家さんの作った「蚊遣リース」。こんなもの、ほかではお目にかかれません。

ぜひ、かわいいリースを飾って、夏を快適に過ごしていただければいいですね。

もし、香りが薄れてきたら、ご自分でレモンユーカリやレモングラスなどのアロマを吹き付けてお使いください。




     ◆-------------------------------------------------------------◆
         10:30~18:30(月曜定休:月曜が祝日の場合は翌日休)


         ■そらにわ
         鎌倉市由比ガ浜2-5-16
         tel:0467-25-3993
         solaniwa(あ)mikan-house.com
         (メールは(あ)をアットマークに変更してください)

        solaniwaネットショップ
        http://www.solaniwa.com/index.html
      ◆-------------------------------------------------------------◆
[PR]

by mikanhouse | 2013-07-02 14:21 | そらにわの夏じたく